オールインワンゲルは使い分けできる?

MENU

混合肌の場合は使い分けが必要なの?

混合肌の場合は使い分けが必要なの?

混合肌のせいか、肌がべたついているところもあれば肌がカサついているところもあります。オールインワンゲルを使うときには、場所によって量を考えたほうが良いですか?

肌の場所によっては乾燥しやすいところもありますし、べたつきやすいところもあります。どの部分も同じようにオールインワンゲルをつけると、どこかがかさかさになってしまうか、ベタベタになってしまうかになりますから、場所によって量を使い分けることが大切です。

オールインワンゲルは気になる部分は重ねづけするなど量を考えて使い分けよう

肌を触ってみますと、どの部分も同じ状態とは限りません。肌には薄い部分と厚い部分があり、薄い部分はその分だけ肌の水分量も少なくカサつきがちです。混合肌の方は特に肌のべたついているところとカサついているところがあって、その違いがはっきりわかります。

 

40代になるとただでさえ肌の状態は不安定になりますから、肌の状態を整えるためには、オールインワンゲルの使い分けが必要です。

顔の中でも乾燥しやすい部分はどこ?

顔の中でも特に乾燥しやすいのは、皮膚が薄い部分である目元や動かすことが多い口元です。他の部分はカサついていなくても、目元や口元だけがカサつくことは良くあります。年齢とともに肌は乾燥しやすくなりますが、40代になると他の部分よりも目元や口元は乾燥しやすくなりますので特別なケアが必要です。

カサつきやすい目元や口元はオールインワンゲルを重ねづけしよう

顔の他の部分は全体になじませるだけでも潤いますが、かさつきやすい目元や口元は重ねづけすることが効果的です。一度顔の全体にオールインワンゲルをなじませてから、カサつきやすい部分だけ、もう一度塗っていきます。擦り付けるようにして塗ると刺激が強いために肌トラブルを起こしますから、やさしくなじませるようにしてください。

オールインワンゲルを重ねづけするときは少し待ってからにしよう

時間がないときは重ねづけをするときに一回塗ってから続けて上から塗りたくなりますが、まだ肌に馴染んでいない状態で重ねづけをしても保湿効果が上がるわけではありません。馴染んでいない状態で重ねづけをすると、肌がベタベタするだけで効果を得ることはできませんから、少し待って肌に馴染んだと思ってから重ねづけしてください。

オールインワンゲルは他の化粧品との重ねづけもできる

オールインワンゲルはもちろん一つだけでも効果がある化粧品なのですが、他の化粧品と重ねづけをしてより効果を出すこともできます。カサつきが気になる部分には、手持ちの美容液やクリームと重ねづけすることも可能です。

 

ただし、ここで気をつけなければいけないことはつける順番です。クリームの後にオールインワンゲルをつけても、クリームの油分が邪魔をしてオールインワンゲルの水分を肌の奥まで届かせなくしてしまいますから、必ずオールインワンゲルの後にクリームを付けるようにしてください。